健康で美しく生きることのよろこびを、日々「ゆる~く」つぶやき「ふわ~っ」とした幸せをさがすブログです。

美しく生きるよろこび~たつやのひとりごと

マインドセット

自己受容によって自分をつよく愛する

更新日:

あなたは、自分のことを愛していますか?・・・つよくつよく愛していますか?
「はい、愛しています!」
と、こたえられるあなたはOKです(^^)ナイスです(^^)

 

でも、即答できなかったあなた・・・「自己受容」についてかんがえていきましょう。


多くの人は、

「はい、自分が大好きです!」
とは、なかなかこたえられないのではないでしょうか。私もそうでした。

 

「自己受容」とはいったい何でしょう。と、そのまえに心理学のお話しをしますと、人はみんな「自分はこういう人間なんだ」という「自己概念」をもって生きていると言われています。


自己受容感覚とは・・・


「自己概念」の高い人(=ポジティブな人)は、「自己受容」ができあがっています。

 

自分のことを愛していますから、どんなに困難でくじけそうな苦境にたたされても、
「だいじょうぶ、私ならきっと立ち向かえる、克服できる。いつも、そうしてきたじゃないか!」
と、前向きにとらえます。

 

「かならず、やれる」
という、つよい信念をもっています。

 

逆に「自己概念」が低い人(=ネガティブな人)は、「自己受容」ができあがっていません。
「自分は弱いから、もうダメになってしまう」「いつもダメだったから今度も耐えられない」
と、悪く悪くかんがえてしまいます。

 

「自分は、幸せになる権利なんてもっていない」
と、かなり重症な人も悲しいかないます。

 

この差が「自己受容感覚」が完成されているか、そうでないかの違いです。


では、この「自己受容感覚」がネガティブな人は、どうしてそうなってしまったのでしょう。これは、生い立ちのなかで、いろいろな「刷り込み」をされてしまったことに原因があります。


たとえば学校の教育。テストで100点とれなくて、90点だったとしましょう。90点もとれたのだから、評価されていいはずのところが、
「あと10点、なぜとれなかったのか」
と、教師に責められます。
「90点もとれて、よくやったね!」
とは言ってもらえないんですね。否定的なんです。


さらに、父親または母親の影響があります。両親の学歴が優秀であった場合、また逆に両親が学歴にコンプレックスがあった場合、どっちにしろ、あなたにものすごい教育に対するプレッシャーをかけてきます。これもキツいです。

 

「一生懸命、勉強しなさい!他の人から遅れてはいけませんよ!1番になりなさい!」


これらが、あなたの「自己受容感覚」を弱くさせてしまった根拠になります。

 

心理学上、「自己受容感覚」は生まれてから10歳までに形成されると言われています。これじゃあ、どうしようも取り返しがつきませんよね・・・

 

自己受容をポジティブにかえる方法


では、ネガティブだった「自己受容」をポジティブに変えるには、どうしたらいいのでしょうか。

 

その方法は、まず

①自分のネガティブだった発想、思い込み、過去の出来事は見ない(無視!忘れる!)。

②これまで、うまくいった事柄にたいして、徹底的に自分をほめてほめてほめあげる(愛してあげる!)。


失敗を多く重ねた人ほど、大きな成功を手にしているというのはよく聞くお話しですよね。

また、たとえば失恋しても、人を好きになったという純粋な自分の感情をほめてあげる。
(人を好きになったことなんてないという人もいるくらいですから)
そうです。あなたは美しく生きている人なんです。


このくりかえしで、ネガティブな「自己受容」をポジティブに変えるのです。


何度も何度も、

「私はできる。私はうまくいく。」
どんな事が起きても、何があっても、自分ができたことだけを自分で強くほめてあげるのです。

 

まとめ


こういうふうに、何が起こってもどんなに苦しくても自分をほめて、自分のことを好きでたまらなくなるよう、くりかえし念じれば事態はすべて好転します。

 

意識のそとで、自分のことを受け入れられるようになり、ネガティブな「自己受容」からポジティブな「自己受容」へ改革できます。

 

あなたも、自分自身をつよく愛して「自己受容」を確立させ、美しく生きるよろこびを感じながら、日々すごしてくださいね。きっとですよ(^^)

 

私のオススメの電話占い公式サイト>

-マインドセット

Copyright© 美しく生きるよろこび~たつやのひとりごと , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.