健康で美しく生きることのよろこびを、日々「ゆる~く」つぶやき「ふわ~っ」とした幸せをさがすブログです。

美しく生きるよろこび~たつやのひとりごと

ひとりごと

幸福の前兆・こんなにもある幸せの予感

更新日:

あなたはふとした時に、「なにかいいことがおこるかも?」と直感したことはありませんか?実際、幸運なことがおこった後、ふりかえってみれば、その前にこんなことがあったな・・・と思われたことがあるかもしれません。

 

幸せが訪れる前に、前兆のようなことが起こる場合があります。 今回は、その幸運の前兆の実例をつぶやかせていただきます。もしかしたらあなたも、知らず知らずのうちに、そういった場面に出会っているのかもしれませんよ。

幸せの前兆~自然現象編


古今東西、幸せの前兆は数多く言い伝えられています。

 

まず最初に
「四つ葉のクローバー」
を見つけたとき。これはポピュラーですね。4枚の葉は「冨」「名声」「愛情」「健康」をあらわし、十字架に似たかたちをしていることも好かれる理由です。四つ葉のクローバーはとくにイギリス・アイルランドでつたえられ、お守りとして持ち歩く子供達も多いようです。

 

次に
「ツバメが家に巣をつくる」
古くから、ツバメが家に巣を作ると幸運が訪れるといいつたえられてきました。ツバメは子育てをするために良い環境を選びます。

 

不幸や火災のおきる可能性のある家には巣を作らないともいいます。動物特有の勘なのでしょうか。

 

ツバメがもしあなたの家に巣を作ったなら、できるだけ巣立ちの時まで暖かく見守ってあげてくださいね。

 

さらに
「虹を見る」
誰もが明るい気持ちになる虹も、幸せの前兆だといわれています。また、「夜の虹」は最高の幸運をもたらすともいわれているようです。

 

もし今あなたが、結婚や出産等の人生の大きな節目に立っている時に虹を見られれば、その先の幸運を約束されたようなものだといえます。

 

そして
「コウモリが家に巣をつくる」
都市部ではあまりみなくなったコウモリですが、こちらも幸運の前兆です。風水でも縁起が良いとされていますが、2匹よると幸運を招き、5匹集まるとそれぞれ功名・福寿・結婚・金運・健康を表わすといわれています。

 

またコウモリが家に巣を作ることによって、子孫繁栄と富という幸運をもたらします。

 

幸運にもコウモリが家に巣を作った時は、そっと見守ってあげてください。子育てをする為に、一時的に巣を作っただけなので、子供が巣立つと同時に去っていきます。


また
「てんとう虫が身体に止まる」
てんとう虫は下から上へと移動する習性をもっている虫で、太陽に向かって飛んでいく様に見えることから、幸運を運んでくれると言われています。


てんとう虫のアクセサリーを身に付けた人は、成功と財が訪れ、病気の人は治ると言われています。


てんとう虫が手にとまると結婚が近いとか、身体に止まりそして飛び去る時に、災いも一緒に持っていってくれるともいいます。


てんとう虫があなたにとまったら幸運が訪れる前触れですので、手ではらったりしないで飛び立つまでそっとしておいてあげましょう。


つづいて
「クモが巣をつくる」
てんとう虫などとくらべて、クモは苦手と言う人が多いですが、意外にも縁起のいい虫の一つです。クモの巣は古代ローマの時代の商人が、商売繁盛と金運のお守りとして、クモの巣をモチーフとしたアクセサリーを持ち歩いていたとも言われています。

 

また、ネイティブアメリカンのクモの巣のかたちをした御守り「ドリームキャッチャー」は、悪い夢をそのクモの巣がからめとり、良い夢を真ん中の穴より通すとも言われています。

 

母グモが子グモをいつくしみながら育てる様子から、愛と幸運を呼ぶとも。

 

日本でも、朝のクモは殺してはいけないという言い伝えがありますね。クモの巣が家の軒先にはられていたら、それは幸運を家に運んでくれる合図ですので、どうかこわさないでください。

 

幸せの前兆~ハプニング編


幸せの前兆の自然現象については、前述しましたが、ここからはホントの偶然、ハプニング的な前兆をお伝えします。


まず
「偶然に服を裏返しに着てしまう」
あなたは、洋服を間違って裏返しに着てしまったことはありませんか?出掛けた先で友人に指摘されてあわてて着直した経験なんかありませんか?

 

ただのドジ話ですまされそうですが、うれしいニュースが訪れる前兆といわれています。運が良い方向に変化しようとしている前兆とも。脱いで着直す時に願い事をとなえると、叶うかもしれません。

 

そして
「猫の動き」
黒猫が玄関先にいたり、家に入ってくると繁栄をもたらし、白猫を見た日は幸せがおとずれ、目の前を横切ると3日間幸運が続くといわれています。また、「かぎしっぽ」の猫は幸運の使者ともいわれています。

 

黒猫が家の前を横切ったら縁起が悪い、という言い伝えもあるようですが、どうやらそれは「迷信」のようです。

 

さらに
「頭に鳥のフンが落ちてくる」
これって、どうかんがえても不運っぽいですよね。私も友人にそのような人がいて、朝、出勤のときにつむじのところにフンが落ちてきたそうです。「最悪だ~」と彼は言ってましたが、会社での転属・昇進がきまったそうです。

 

中国では、頭に鳥のフンが落ちてきたら宝くじを買え!と言われているほどで、アメリカやイギリスでも縁起がいいこととされています。世界共通の幸運の前兆と言えるでしょう。

 

最後に
「爪に白い点がはいる」
爪に白い点が見つかることがあります。これを星に見立て、「爪に星が入る」と言い、幸運を呼ぶ前兆とされています。

 

一般的には白い点が爪にある間が、その人の幸運の時期だと言われています。また、どの指に出来たかによっても意味が変わってきます。

親指  ~恋人ができる、結婚する
人差し指~願い事がかなう
中指  ~旅行や引っ越しに良い前兆
薬指  ~名誉や富を得る、良い結婚相手にめぐりあえる
小指  ~金運UP、開運

 

まとめ


ここまで、幸福の前兆についてお話しさせていただきました。

 


あなたも今まで経験したことがあったのではないでしょうか。黒猫など悪いものだと思っていたものが幸運の使者だということもわかりましたね。

 

身の回りにはたくさんの幸せの前兆があります。あとはあなたの行動次第です。未来を幸福なものにして、美しく生きるよろこびを感じてくださいね。きっとですよ(^^)


私のオススメの電話占いサイト>

-ひとりごと

Copyright© 美しく生きるよろこび~たつやのひとりごと , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.